人気ブログランキング |

Live & let live

waiwai3.exblog.jp

タスキをかけられた旭日旗、生地だけは丈夫そう。

祥さんのブログに。
「いったいどうやったら、
櫻井よしこさんのような人が出来上がるんだろう。
まるで歩く旭日旗みたい。」

「歩く旭日旗」、うまいこと言うな~。
大きな旗が彼女で。
後ろでコチョコチョと揺れているのがネトウヨ?

私は主観だけど。
あの女性大嫌い。
自分がブスだからやっかみだと言われそうだけど。
むしろ、顔よりあの話し方。
考え方は言わずもがな。

こんな女性と一緒に暮らす家族はどんな人たち?
そんなミーハー的興味からネットで探した。
彼女をべた褒めしている記事によると。
離婚して子供はいないらしい。

その記事に「えー!」と驚く内容が書かれていた。
彼女がダライ・ラマと会ったときに。
彼から日本に託されたという言葉。
核兵器廃絶運動のリーダーシップを放棄しないように。
核兵器だけでなく非武装化された世界を目指せ。

ダライ・ラマが何で正反対の考えの女性にそんな話を?
答は簡単に分かった。
彼女は中国大嫌い、最初に戦争したい相手。
ダライ・ラマは世界中の人と話しているから。
彼女が何で中国が嫌いなのか、そこまでは調査不足だったのかも。

「えー!」となったのは、この内容に執筆者の書いたコメント。
「見ている方向が一緒だから、こんな宿題を与えられた」と。

確かに見ている方向は一緒かもしれない。
手っ取り早く核兵器でも何でも使って非武装化、平和な社会の構築。
この素晴らしい「神に守られる日本」にこそ、それができる資格がある。
そう考えている人だものね。

思い出しているんだけど。
昔、テレビで観ていた彼女。
好きではなかったけれど、今とは違う感じだった。
よくは覚えていないけれど。
どちらかというと強そうな男性に委ねるタイプ。
私はそう感じながらテレビを観ていた。
今の、ネトウヨから祭上げられる強い女性は想像もしていなかった。

今日は、彼女のことを書こうと思って書き始めたわけではなくて。
歩く旭日旗のインパクトが強くて後回しになってしまったのだけど。
書こうと思いついたのは、祥さんの別の記事。
「頭の中は、国防婦人会のタスキをかけた会長さんのようだ。」

テレビドラマとか、誰かが書いた戦中の記録とか。
そんなことでしか知らないのだけれど。
国防婦人会会長とか隣組班長とか・・・。
こういう人たちが、玉音放送の後どんな顔をしたのか、行動をしたのか。
ずっと知りたかった。

ユダヤ人の収容所。
収容されたユダヤ人を監視するのも、遺体処理をするのも、同じユダヤ人。
彼らの中には、ドイツ人より強くユダヤ人に当たった人もいたらしい。
そんな記事を読んだ記憶がある。
大勢のユダヤ人の中から選ばれた誇り、お得感だけでなくそういう意識があったのかしら。

日本の小さな村社会の中では。
たとえどんなに小さな組織でも、村を守る責任感が強くなるのかもしれない。
その責任感には能力が伴わないからいつも空回り。
(現在の私の住む地域の話が混ざりました)
それは、ボス猿として、今までの関係や情を無くしても守るべきもの。
そして、お褒めの言葉を言われた時の充実感、達成感。
そのためには、強く出られる相手なら必要以上に強く出る。
同じ苦しみを味わっている人間ではなくなってしまって。
私は、そんな風に思っている。

そして、どんなに同情的に考えても。
私はそういう人間が嫌い、これはどうしようもない。
強い者に合わせ、弱いものを見下す。
そんな人間と比べたら。
最初からずっと悪人を貫き通す、現自民党議員の方がマシ。
日和見でアッチへ付き、こっちへ付き、そんな党の議員より。
(また、現在の政界が混ざりました)

終戦のときほど、決定的に上下関係が変わったことはないと思う。
その時に、お偉方と言われる人間でなく。
国防婦人会会長やら、隣組班長やら(これは持ち回りだったのかしら?)。
そんな人たちが、どんな変わり身を見せたのか。
そこには凄く興味がある。
知りたいけどずっと分からない。

国防婦人会の言葉で、その気持ちがまた刺激された。
投稿する前に見つけた記事。

『手遅れになる前に、おかしいと思ったことはおかしいと言うことが大切だ』

私は、まず先に、おかしいと思える人間になりたいと思っている。
















# by eblo | 2019-09-15 12:05 | Comments(2)

自由意志を拘束されているとも気づかないほど拘束されている日常。

今朝の新聞を読んで思ったこと。
私も嵌っているIT。
それが、現在のような貧富の格差拡大の原因かも。

市場経済とネット技術の向上が結びついて。
想像もできない富を築ける時代。

昔の人々が、命がけで資本主義や共産主義を望んだのは。
一部の人間のために国民が存在する。
そんな社会への反発だったのではないか。
そう思っていた。

今の社会は王政の時代と変わらない。
王様がグローバル企業やIT長者に変わっただけ。
違うのは、世襲ではなく個人の入れ替わりがきくことだけ。

70歳定年についての記事、大学教授たちのことば。
最初に感じたのは。
皆さん、現在の資本主義を前提に。
70歳まで働くことが幸せかどうかを考えている。

グローバル企業と呼ばれる王様。
その王様にかしずく政治家と呼ばれる執事たち。
王様の命令を国民に伝え実行させるのが彼らの役目。

私はいつも書いているけれど日本国憲法が好き。
あの憲法が作られた当時。
〇〇長者がいても、今とは全く違う規模。
民主主義の想定範囲内。

憲法18条 何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。

民民の関係でも禁止されている、そんな解釈を私は支持している。
全ての国民は民主主義によって守られる存在。

現在の社会は、この18条違反が当然の社会。
その社会の中でずっと生きて来た国民に。
奴隷生活の中で自由意志を想像できなくなった人々に。
65歳以後の生き方を提言されても・・・。

趣味を持て、長く働け、社会奉仕しろ、良い社会を築け・・・。
本物の自由を知っていても、それを主張できる境遇の人はほんの僅か。
そんな日本型似非民主主義の中で選択を迫る。
これも自由ではない発想を生むことになる、横並びの発想。

70歳定年が良いのかどうかは分からないけれど。
日本はまず民主主義国になるべきと思う。
社会と大企業をごちゃ混ぜにしていては。
定年後の自由選択は無理だと思う。

社会の要請で、あなたには不自由を我慢してもらいます。
企業の要請で、・・・。
言い方を変えただけ、不自由には変わりない。
自由意志で不自由を受け入れる。
それが当然と思う人がどれだけいるのだろう。
民主主義国家は合わないのかもしれない、日本人気質として。

別の記事の中にツィッターのことが。
一世風靡の感があった元社長。
彼のツィッターに反応した人が多かったと書かれていた。

他人の呟きにいちいち直接文句を言う人たちの気持ちが分からない。
正論でも、バカバカしいお騒がせ目的でも。
(ツィッターの仕組みを良く知らないので間違っているかもしれませんが)

トランプがツィッターで情報発信するようになって。
立場と個人の区別がつかなくなって。
日本でも、議員や企業経営者が個人の考えを呟く。

肩書を持つ人が呟けるのは。
全く個人だけの問題、そう思う。
いつから、ツィッターが国民全員への回覧板になったんだ。
政府や企業の広報誌が挟み込まれた回覧板。
「表現の自由」
そんな言い逃れを用意するための〝個人のツィッター”。

議員や企業経営者になるのは自由意志での選択。
その選択を決めた瞬間に不自由を受け入れなくはいけないはず。
それなのに、受け入れられない不自由をツィッターで呟く、公然と。
卑怯者と言いたい。

公私の一線が無くなったから。
ネトウヨのような。
個人と公職をごちゃ混ぜに理解するしか判断力がない人間が。
大手を振るって叫べるようになった。

議員や企業経営者の発信は。
国民の生命財産を危険にさらす。

元社長のつぶやきで損をした人がいたかもしれない。
議員のつぶやきで辛い思いをした人がいたかもしれない。
そんなに愚痴を書きたいなら。
誰にも分からない名前で、一市民として呟け。










































# by eblo | 2019-09-14 11:56 | Comments(0)

「人間から人間へ」から「スマホから人間へ」、人間より信用度が高くなったスマホ。

今頃になって。
報道番組の最初が台風被害、次が進次郎。

今までなら、形だけにしろ。
官房長官の記者会見。
「首相のご指示により(ここは特別大きな声で)災害対策本部を設置しました」
今回は、それさえなく。
お友だちをどの大臣にするかで頭が満タン。
台風情報を入れる隙間がなかったのか。

赤坂自民亭やゴルフ三昧のような。
今まで何度もあったことから想像すれば。
元々、国民の苦しさを想像さえできない人だというほうが。
私にはすんなり入ってくる。

報道番組の解説者。
「今からでも遅くない、対策を講じて欲しい」。
何もしない政府に文句を付けることもしないで。
聞き飽きたようなセリフでコーナーを閉める。

日本人が好きな場面展開。
ジャーリストですから、非難はしないけれど要望はします。
日本人が好む、自分に火の粉が降りかからない、そんな術を知っている。
さすが、ジャーリスト。


被災者からの訴え。
情報がない、そんな言葉が多い。
スマホが繋がらない、それが大きな理由で。

旅行に行った先でのことを思い出した。
関東大震災時の虐殺が頭に浮かんだ。

スマホが無かった時代も。
情報伝達は早かった。
それが本当かウソか検証する方法は無かったけれど。

今でも、一つのウソが流されれば。
多くの人が信じて拡散するのだから。
昔と違いはない。
より多くより早く伝わる分、負の部分も大きい気がする。

昨晩の小さい出来事が翌朝には知れ渡っていて。
会う人会う人から様子を聞かれて先へ進めない。
「この島では内緒ごとができない」。
昔、小笠原に住む女性と一緒に歩きながら聞いた。

モルディブのローカル島でも。
私と一緒にその島に滞在した由美さん。
翌朝は、あっちからこっちから声をかけられて先へ進めない。
その島に滞在したのは二回目。
最初のときは一泊だけ。
それなのに、久しぶりに会った友人のように声がかかってくる。

そういう雰囲気は、小さい島に住むフィリピン人からも聞いた。
日本に住む外国人の情報伝達の速さには驚かされる。
日本人の私が知らないことを早々と知っていた。

もしスマホが無くて。
誰も彼もが、あの小さい画面にだけ情報を求めていなければ。
横の人間関係だけであっという間に広がる。
そんなことになっていたかもしれない。

自分の知ったことを、一時も早く誰かに喋りたい、教えたい。
そんな人を何人も知っている。

あそこに給水車が来るらしい。
あそこで入浴サービスをやっている。
誰か一人がそんな情報を得れば・・・。
あっという間に伝わったかもしれない。

私はスマホを持っていないし、煩わしい人間関係も嫌い。
情報難民になることは間違いない。

スマホの普及で。
人間の横の繋がりが広く薄くなっている。
そんな気がする。
スマホを持っていない私が言っても・・・なんだけど。

どうか・・・。
スマホが、虐殺再びに利用されませんように。































# by eblo | 2019-09-13 11:13 | Comments(0)

嫌いの嫌いは・・・好き? そこまではいかないけれど。

モーニングショーを観ていて思ったこと。
田崎さんと玉川さんが喧々諤々とやり合っていて。
田崎さんはよほど韓国が嫌いみたいで。
あの人たちの決まり文句。
請求権協定を金科玉条のように、韓国をこれ以上甘やかすな。
お前はいったい何様だ、傍にいれば言ってしまういそう。

ただ、田崎さんだけでなく。
あの人たちでもただ一つ反論できないことがある。
政治家からではなく。
一般の人から出ることば。
「政治のことは別として」
「国民同士は仲良くしましょう」

御身大切だから。
そこで本心を言うわけにはいかない。
「あんな国の連中に近づくな、仲良くするな!」


 
 

ひとつ別のことがあるけれど。
どれも同じだと思うので。

私たちは、理由なく嫌い合わされている。
誰かを喜ばせるために。

それぞれ心の中では。
「あいつ気に入らない、嫌いだ」
そんなことは幾らでもあるはず。
私にもあるし、他の人から話もたくさん聞いている。
ただ、それは自分なりに理由のあること。

他国の会ったことも無い人を嫌いになるはずはない。
肌の色が違うだけで、名前も知らない行きずりの人を嫌うはずはない。

それなのに。
〇〇国の人間だから嫌い。
肌の色が黒いから嫌い。
しかも殺したいくらいに。

それらは、自分で考えたことでなく。
いつの間にか、誰かに思わされているだけ。
会ったこともない知らない人間を理由付きで嫌いになれるほど。
超能力もない普通の人間の能力は高くない。

みんな、内心では知っている。
知らず知らずに摺りこまれてしまっていることを。
理由もなく嫌っていることを。

上の動画の若者たちの勇気。
アベ政権の誰にもこんな勇気は感じられない。
醜さだけが目立つ集団。
歳さえ重ねればいいというものじゃない。

私のような人間にも何かできることはないだろうか。
今のところ思い当たらないけれど。

せめて。
日本国民が変わっていって99%の日本人が韓国嫌いでも。
例え、どう考えても韓国に非があっても。

日本の政権が似非右翼に握られている間は。
日本と韓国が仲良くなるまでは。

韓国の味方をし続ける。
理屈ではなく単純に、韓国側に付く。
モーニングショーを観ながらそう思った。
私が日本人だから。
アベ一族のような考え方が嫌いだから。

不思議と、そう思ってテレビを観ていると。
韓国の良さが目立ってくる。
日本よりよほど民主国家だと分かってきた。

ここまでではないけれど。
日本も昔はもっと、今よりは民主国家だった。
それをぶっ壊した小泉・アベはある意味大物かも。
歴史の中でどう評価されるかはしらないけれど。

これから日本がイランと仲悪くなっても。
中国や北朝鮮と喧嘩をしても。
イスラエルと仲良くして、アラブの人々をテロリストだと決めつけても。
私は、今の日本政府が嫌う国の味方をする。

真実がどうであろうと。
アベ政権の悪さは毎日直接目にしているけれど。
行ったこともない外国の悪さを直接目にすることはないから。
日本国の話は日本語で聞けるけれど。
外国の話は、知らない誰かの翻訳だから。











# by eblo | 2019-09-12 07:41 | Comments(0)

一人の人間を殺しても神にはなれない、神になりたいならたくさん殺せ。

これからの日本。
政治家になりたい人は神社で拝むべし。
大臣になりたい人は神道政治連盟に入るべし。

神道と仏教の違いについて書かれた記事の中にこんな内容が。。

神道とは、日本の民俗宗教
日本を中心とした神話、世界的な普遍性はない。

教祖も教えも教典も特にない。

多くの人が信じているのは、

死んだ人間や動物の霊魂が、宮を作って祭るとそこに鎮座して、生きている人間に幸福や不幸を与える力があるというもの。


神になっているのは死んだ人間や動物。

特に多いのは影響力のあった政治家。

天照大神、明治天皇、徳川家康、乃木希典・・・。

1人殺した人を神のように崇める人はいませんが、たくさん殺した人を、神のように崇めるのが神道です。

日本の自然信仰、世界に自慢できる、私の感想。
全ての自然、道端の石ころにも神が宿っている。
石や木や山や・・・自然は人間をそそのかさない、人を殺して我欲を満たせなんて。
だから、それらの神に感謝する祭りも否定しない。

だけど、いつの間にか。
我欲のために、自国他国を問わずたくさんの人間を犠牲にしたら神になる。
自然はどんどん殺され続ける、神様の地位を人殺し人間に譲るために。

靖国神社HP。
「明治天皇は明治2年6月、国家のために一命を捧げられたこれらの人々の名を後世に伝え、その御霊を慰めるために、東京九段のこの地に「招魂社」を創建されたのです。」

「国家のために一命を捧げられたこれらの人々」
言い換えれば「天皇のために一命を捧げられた官軍兵士」
第二次政界大戦の終わり、国体護持のために被ばく者が生れた。
国家のために命を落とした軍人は神になり。
国民のために命を落とした政治家は非国民になる。

靖国神社とはどういうところか


文科大臣、教育とはあまりに遠い存在の人。


私がイメージする新しい教科書。
欧米によって苦しめられるアジア諸国の解放のため日本は立ち上がった。
「大東亜共栄圏」「五族協和」「八紘一宇」・・・

アメリカによる洗脳教育からの回復。

(この人が担当大臣になった沖縄、辛いね~)。

安倍政権の誕生により。
日本の伝統復活は多くの日本人から支持された。

以上はあくまで私のイメージする新しい教科書。
こうならないことを願うしかないけれど・・・時すでに遅し、無理かも。

日本の伝統とは。
明治に作られた帝国憲法に書かれた社会。

神道政治連盟の日本国憲法に対する主張。
「我ら日本の人民は」という言葉、憲法がアメリカ製である証拠。
帝国憲法の「上諭」と比べれば一目瞭然。
「前文」は日本の伝統を無視している。
戦争をしないで平和を望むのは「空事」にすぎない。
こんな憲法を変えようとしないのは日本人の恥。
(神政連「日本らしい憲法を」参考)。

([上諭]
1 君主のさとし。
2 旧憲法下で、法律・勅令・条約・予算などを公布するとき、その冒頭に記され天皇の裁可を示す文章。
(コトバンクより)

改憲とはこういうこと。
言い返したい言葉の連続。
要するに帝国憲法の礼賛、国民を臣民に変えたいだけ。
戦争をするのが自然であり、戦争せずに平和を望むのは「空事」

日本国憲法が大嫌いで、
帝国憲法復活を願う神政連所属議員たちを集めた内閣改造。
さ~、いよいよ改憲の始まり・始まり。

先の戦争は正しかった。
失敗だったのは負けた事、アメリカと戦ったこと。
これでは、外国と仲良くできる訳がない。

世界から見れば。
日本は、多くのアジア人に対して加害者。
そう思っていないのは日本人だけ。

天皇に変わるのは、緊急事態条項を発令できる人間、時の内閣総理大臣。
今までの内閣総理大臣を見渡して。
「私の命を含め全てをお任せします」
そんな人が1人でもいたかしらね~。
私には思い当たる人がいないけれど。








# by eblo | 2019-09-11 11:41 | Comments(0)