夜間中学、文科省事務次官が評価


読売新聞に書かれたリーク記事。
本人が会見で言い訳がましいことを。
違う、言い訳ではなく、本当のことを話していたんだ。
そう思うことにした。
「実態を知りたい。」
アベ内閣の一員の言葉なら嘘、ただの○○○ジジイ。
自分たちの本性から、彼もそうだと思ってリークしたのでしょう。
それにしても。出会い系バーと加計にどんな関係があるのか。

私は観なかったけれど。
テレビ番組の中で何人かのコメンテーターが彼の人間性を褒めていたらしい。
今の時代、彼を褒めるのはリスクを背負うこと。
それを承知で褒めたというなら、本当なのでしょう。

遂に役人からの逆襲が始まった、そう思いたい。
人事権まで握られて、何かも内閣府の仰せの通り。
まじめな役人ほど、仕事がやりにくかったでしょう、悔しかったでしょう。

官房長官が人間性を攻撃。
「責任をとって辞任するとき、恋々と職にしがみついて往生際が悪かった。」
アベ内閣にはそんな連中が山ほどいるじゃないか。
人間性の問題が、加計の問題とどんな関係があると言いたいのだろう?。

国連の特別報告者への反論と同じ、中身が無い、感情論ばかり。

「在職中に言えばよかったじゃないか。」
バカも休み休み言え。
在職中は何人の部下がいた人間だと思っている。
彼の言葉で日本が大きな影響を受ける。
私が仕事を辞めるのとは全く違う。

これからは、国が束になって前川潰しに走るのだろう。
役人の側からのリーク文書も出てくるのだろう、期待だけど。
今回ばかりは役人側が勝ってほしい。
私のようなちっぽけな人間にも何かできることはないだろうか。

正直に訴えただけで国から潰される人間。
潰されそうになっている人間。
今の内閣の下では普通に見る光景、沖縄や福島で、あの森友でも。
今回も同じことになったなら。
今まで以上に独裁国家になることは目に見えている。

これから暫くはテレビを観よう。
この問題をまじめに取り上げた番組には応援メールを送ろう。
今のところ、その程度しか浮かばないけど。
見過ごしてはいけない、今はとても大切な時期。
それだけは、ひしひしと感じている。

[PR]
# by eblo | 2017-05-26 07:38 | Comments(0)