毎日報道される森友問題。
随分前から言われていたのに<忖度>があったのか世間には知らされず。
やっとこんなに報道されるようになって。
それはそれでとても良い事なんだけど。

8億円のお金、国の財産からすれば僅か。
原発維持のために使われる様々な大金。
それには文句を言わない国民が、この8億円にはむきになる。
そのうち飽きてしまう、次の芸能人スキャンダルのほうがよほど面白い。

アベ妻にしたってあの性格、きちんと話を聞かないであちこちに声をかけそうだし。
アベ家の100万円、多分我が家の100円くらい、まして10万円なんて。
「そんなこといちいち覚えていられないよ」そうかも知れないし。

以前読んだ記事に書かれていた「時代の空気感」
私が一番感じるのはそれ。
時代の空気をいち早く感じた人間がたくさんいる。
彼らが今の政治に便乗した、そんな気がする。

アベ夫妻の性格かもしれない。
「あなたに従います」そう誓った人間を捨てられない。
我欲のために政治家になったような人間でも切り捨てない、庇い続ける。
アベに従っていれば、アベを喜ばせれば・・・
そんな人間に囲まれて、完全に「裸の王様」になっている自分に気づかない。

今回の事件は・・・自分に火の粉が飛んできそうだったし、何と言っても相手は一介の民間人。
実際に政治家の関与があって、それが自分の子分なら・・・
「どちらも悪くない」そう押し通したのでは。

アベが喜びそうな言葉を連発、己の欲のため、そんな連中も。
アベに擦り寄った挙句、ミイラ取りがミイラに。
いつしか右へ右へ、軍歌に教育勅語、帝国憲法懐古。
我先に「私が一番右です」競争する。
アベにしてもここまでなるとは想像していなかったのでは。

官僚までもがこの風に乗ろうと躍起になっている。
今回の問題であらためてそれを感じた。
「官僚よ、お前たちもか」
裁判所や日銀を見れば分かっていたことだったのに。

そんな状況を作り出しているのが「時代の空気感」。
国中に広まったオカルト現象と言えるかもしれない。
これだけの問題が起きていても政権支持率は相変わらず高い。
国民の多くは、アベの声の大きさに期待している。
声高に叫ぶことと信念や実行力をごちゃ混ぜに感じている。
オカルト信者と教祖の関係がそうであるように。

アベ政権が作り出した「時代の閉塞感」
それを打ち破ってくれるのがアベ政権だと思っている。
矛盾した考え方。
日本だけじゃない、世界中で。

以前、知り合いの若者が言った。
「家族を守るためなら戦いに行きます」
未婚の彼にとって家族とは両親だろう。
子供が自分たちのために若死にして両親は嬉しいだろうか。
彼にとって、戦いに行くとはどんなことなのだろう。
殆ど世間と隔離されたような生活をしている私には「時代の空気感」は分からない。
もしかして・・・こんな若者が増えているのではないか。

戦争や核兵器に反対し続ける年長者を、私は眩しく憧れの存在として見上げる。
同じように。
「中国や韓国をやっつけろ」「日本は特別素晴らしい国なんだ」
そう叫び、貧しい国に寄付をして、外国のトップの中でも一目おかれ・・・
そんな自分の国のトップを眩しく憧れている国民も多いのだろう。

中身の細かいことは関係ない。
リベラルと言われている人だって会ったことも話したこともない。
実像は知らない、ただ彼らの主張に同感しているだけ。
同じことが「時代の空気感」を牽引している層にもあるのだろう。

この空気感をどうしたら変えられるのか分からない。
ただ、バラエティー番組でも何でもいい。
この問題を面白おかしくテレビに登場させること、そんな気がする。

テレビで観る議員や官僚の姿。
右翼と呼ばれる連中の考え方。
それを知って、視聴者それぞれが、自分がどの位置に立っているのか考える。

教育勅語とはどんな中身なのか。
帝国憲法で人権はどう扱われていたのか。
テレビ番組で面白おかしく、そんなことがいつの間にかそれぞれに入ってくれば・・・
マスメディアにしか期待できない「時代の空気」の換気。
あまりに巨大すぎる。



[PR]
# by eblo | 2017-03-27 11:11 | Comments(0)