原発、正力、読売新聞

昨日貼り付けた動画を観ていて思ったのだけど。
何だかんだ言っても、今の日本って北朝鮮に似ているな~と。

福島原発、ジャーナリストが取材できるのはバスの中からだけ。
直接取材したいと言ったジャーナリストたちに対する案内人の態度、ヒステリック、かわいそうなくらいに。
北朝鮮からの日本のテレビ報道。
「北朝鮮側から取材できる場所を決められるので・・・」同じじゃない。

アナウンサーが、外国を攻撃する記事を語気鋭く読み上げる北朝鮮のニュース。
日本の国会で、気に入らない質問を受けたときのアベの答弁。
むきになって質問者を攻撃する、甲高い舌の回らない声で、同じじゃない。

恥ずかしながら知らなかった。
日本の原発政策の原点を外国から教えられるとは。
読売新聞と日本テレビ。
CIAを後ろ盾にした正力松太郎の野望をかなえるために世論を原発賛成に導いていった。
動画を観た後でネット検索、たくさんの記事を読んで、私は、真実だと思う。
その中の一つ。
日本の基本、全てがアメリカの思惑から、そして今もアメリカのポチ。
それにうまく乗っかった連中が権力の座に。
占領時代からこれだけの年数が経っても、未だに大きな犠牲を払わされる日本人がいる。
読売新聞、責任をどう考えているのか。
未だに、あの時は正しかった、そう思っているのだろう。
それでなければ、ネトウヨやヘイトスピーチの発信者を増やし続けるわけがない。

それにしても。
原発事故から日本を救うために、命を犠牲にした人たち、今も頑張っている人たち。
「お国のために命を捧げろ」そう叫んでいる連中に聞きたい。
お国のために命を捧げている人間への扱い、こんなものなの? このままでいいの?

あの時、菅さんが首相でよかった、今も思っている。
もし自民党政権だったら・・・日本にとって不幸中の幸い。
菅さんが、出しゃばったから、東電へ乗り込んだから、事故の収束が遅れた。
東電の企業体質は充分分かったはず。
どうして、その部分だけは東電や原発村を信じるのか、日本人が分からない。

この動画の中のインタビュー、数年前のもの。
そのときにもうメルトダウンや床の穴の話が。
東電が、まるで初めて気づいたように発表したのはつい最近。

お医者さんの倫理観がなくなったとは思いたくない。
権力のためなら子供たちも切り捨てる、そんな日本にしたのは、主権者国民。

こうなったら、日本人が原発の電気を買わないことしか方法はない。
これ以上税金を投入できない、料金を上げられない、原発にはお金をかけられない、そう思わせる方法。
この点だけは小泉さんに期待、自然エネルギーに期待。
城南信金、いいこといっぱいやっている、珍しい金融機関。

菅さんや鳩山さん、首相までも簡単に辞めさせられる原発と安保。
マスコミの報道を信じてはいけないトップ2。


[PR]
# by eblo | 2017-04-23 08:01 | Comments(0)